シンプリッチは全身シャンプー、ノンシリコンといった特長がありますが、成分をしっかりチェックしておくことが大事です。シンプリッチをはじめ、シャンプー選びには成分チェックが欠かせないのです。

 

 

シャンプーはどれを使っても汚れは落ちます。でも、どのような洗浄成分が含まれているかによって、汚れの落とし方がちがってきます。

 

強力に汚れを落とす洗浄成分が入っているが、かわりにこの成分は髪や頭皮にダメージを与えてしまう、というリスクもあります。配合されている洗浄成分の性質によるメリット、デメリットにも注目する必要があるということですね。

 

シャンプーの洗浄成分は界面活性剤です。界面活性剤のうち、石油系界面活性剤は髪や皮膚にダメージを与えやすいとされています。一方、界面活性剤のなかでも髪や皮膚に負担が少ないといわれているのがアミノ酸系界面活性剤です。肌への刺激が弱く、髪にも頭皮にもやさしいという特長があります。

 

では、シャンプーを選ぶとき配合成分のリストを見てアミノ酸系の洗浄成分が記載されていれば大丈夫かというと、そうでもないのです。ここで大切なのは成分の記載順序です。配合成分の一覧では、配合されている割合が多い成分から順に記載されるというルールがあります。

 

もし配合成分のリストのはじめに記載されているのが石油系界面活性剤であとからアミノ酸系の洗浄成分が記載されていたら、主成分は石油系界面活性剤だと考えたほうがいいですね。アミノ酸系シャンプーと説明されていても実際の配合成分は石油系、ということもあるようですので注意しましょう。

 

 

このように、シンプリッチをはじめとするシャンプーを選ぶとき、まず成分表をチェックしてください。シンプリッチの主成分はアミノ酸系の洗浄成分ですので髪や肌への負担が少ないシャンプーを探している方にはぴったりですね。ぜひシンプリッチを試してみてください。





カテゴリー : シンプリッチとは